たま氏の覚え書き

KNIME・Access等による事務業務自動化入門

KNIME_変数&loopでExcelの各シートを読み込み【Table Row to Variable Loop Start】【Excel Reader】

使用Node:Table Row to Variable Loop Start/Loop End/Excel Reader
Excelの各シートをWFに読み込み

WFの例と解説

▼配置例▼

1. Excelのシート名およびExcelのフルパスを記載したリストを作成し、フルパスのカラムのみデータ型をPath化
2. Node【Table Row to Variable Loop Start】でレコードごとに変数化した値を、次のNode【Excel Reader】に設定する
3. Node【 Loop End】で、読み込んだ各シートの中身がConcatされる

▼参考:【Table Creator】設定例▼


Node【Excel Reader】の設定解説

▼Node設定例1ー読み込むExcelの指定▼

----解説----
1. 「Browse...」をクリックし「Variable Settings」ダイアログ画面を表示
2. 「Use Variable」にて、変数「FullPath」を指定


▼Node設定例2ー読み込むシート名の指定▼

----解説----
1. タブ「Flow Variables」を選択
2. パーツ「sheet_name」に変数「SheetName」を指定


▼注意点▼
* タブ「Transformation」の設定を要確認
 →読み込みエラーを回避するにはすべてString型にしてしまうのがおすすめ
* タブ「Advanced Settings」の設定を要確認
 →空のカラムやレコード・絞り込んで非表示になっている部分を読み込むかどうか等、もれなく設定を行う

▼KNIME Hub▼
kni.me