たま氏の覚え書き

KNIME・Access等による事務業務自動化入門

KNIME_文字列操作その1【Java Snippet】左から/右から指定の文字まで切り出し

指定の文字を使用して文字列を切り出す書き方を実践、指定の文字と指定の文字の間を切り出す方法も追記
※投稿後しばらくしてからこの内容についての復習ついでに更新したため、当初の投稿内容とは異なる
使用Node:Java Snippet

WFの例

▼配置例▼

今回は例として「\」を切り出し文字として指定する

▼参考:【Table Creator】設定例▼



Node【Java Snippet】で文字列をSplit

左から指定の文字まで切り出し

▼記述例▼

out_split_before = c_String.substring(0,c_String.indexOf("\\"));
右から指定の文字まで切り出し

▼記述例▼

out_split_after1 = c_String.substring(c_String.lastIndexOf("\\")+1);//第二引数は省略
out_split_after2 = c_String.substring(c_String.indexOf("\\")+1);//第二引数は省略
指定の文字から指定の文字の間を切り出し

▼記述例▼

int beginIndex = c_String2.indexOf("\\")+1;
int endIndex = c_String2.indexOf("\\",beginIndex);
out_split_mid = c_String2.substring(beginIndex, endIndex);


あくまでいろいろあるであろう書き方のうちのひとつの例かとおもうが
今回、以下のサイトを参考にした
▼よくわかる解説サイト▼
Javaでの文字列切り出しを紹介|substringメソッドを使用 | Javaコラム

▼Node設定例▼



▼結果▼



▼KNIME Hub▼
hub.knime.com
KNIMEというよりJavaか...