たま氏の覚え書き

KNIME・Access等による事務業務自動化入門

KNIME_ドロップダウンフォーム【Java Snippet】リストにレコードの値を指定

使用Node:Java Snippet
レコードの値をドロップダウンフォームを表示して選択してもらい、ワークフローに取り込む

WFの例と解説

▼配置例▼

1. 行きたい県の名前を選択してもらう


2. 選んだ値を利用して、最終的には文字列を作成


Node【Java Snippet】でドロップダウンフォームを起動

▼記述例▼

// Your custom imports:
import javax.swing.*;
"--------------------------";
// Your custom variables:
String[] Kanto;
int i = 0;
"--------------------------";
// Enter your code here:
try{
    if(Kanto == null){
        Kanto = new String[ROWCOUNT];
    }
    Kanto[i] = c_関東;
    i += 1;

    if(ROWCOUNT-1 == ROWINDEX){
        out_SelectValue = (String)JOptionPane.showInputDialog(
            null,"選択してください","WF名",JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE,null,Kanto,Kanto[0]);
    }else{
        out_SelectValue = "";
    }
}catch(Exception e){
        out_SelectValue = null;
        throw new Abort("とりけし");
}

----解説----
配列変数を宣言
StringクラスでROWCOUNT指定
レコードの値を変数に格納し、フォームの表示設定を行う
エラーの場合の処理も記述


▼Node設定例▼


▼KNIME Hub▼
kni.me