たま氏の覚え書き

KNIME・Access等による事務業務自動化入門

KNIME_フォルダ選択フォーム【Java Edit Variable】

使用Node:Java Edit Variable
任意のフォルダを選択してもらいそのパスを変数で取得する、ファイル選択にフォルダ選択モードを追記するのみ

WFの例と解説

▼配置例▼


※詳細はファイル選択フォームの記事を参照

Node【Java Edit Variable】で選択フォームを起動


▼記述例▼

// Your custom imports:
import javax.swing.*;
"--------------------------";
// Your custom variables:
int FilePath;
"--------------------------";
// Enter your code here:
try{
    JFileChooser jfc = new JFileChooser("C:\\Users\\user\\Desktop\\ken_all");//フォーム表示時の参照場所
    jfc.setFileSelectionMode(JFileChooser.DIRECTORIES_ONLY);//フォルダ選択モード
    jfc.setDialogTitle("是非ファイルを選択してください");
    FilePath = jfc.showOpenDialog(null);

    if(FilePath == jfc.APPROVE_OPTION){
        out_FilePath = String.valueOf(jfc.getSelectedFile());
    }else if(FilePath == jfc.CANCEL_OPTION||FilePath == jfc.ERROR_OPTION){
        logWarn("とりけし");
    }
}catch(Exception e){
    throw new Abort(e);
    }

----解説----
java.swingパッケージをインポート -->2行目
変数「FilePath」を宣言 -->5行目
初期参照ディレクトリを設定 -->9行目
フォルダ選択モードの設定 -->10行目
フォームの左上に表示されるタイトルを指定 -->11行目
JFilechooserのshowOpenDialogメソッド読込用ダイアログを表示し、結果を取得 -->12行目
ファイルが選択された場合に… -->14行目
FilePathにディレクトリを代入 -->15行目
ファイルの選択がキャンセルまたはエラーの場合… -->16行目
KNIMEのコンソールにログを排出 -->17行目
設定画面の左下「Run script during node execution」を選択

▼Node設定例▼


▼KNIME Hub▼
※ファイル選択のワークフローのため、フォルダ選択モード部分の追記が必要 hub.knime.com