たま氏の覚え書き

KNIME・Access等による事務業務自動化入門

KNIME_外部ツール操作_レコードの値をバッチファイルに書き込み【Java Snippet】

使用Node:Java Snippet
Nodeに入力されたレコードの値をバッチファイルに使う

WFの例と解説

▼配置例▼


1. Node【Table Creator】でWFを開始
2. 【Table Creator】のレコードの内容を、Node【Java Snippet】を使用して「rename.bat」に記載


▼参考:【Table Creator】設定例▼

※バッチファイルの中身にしたい文字列を準備

Node【Java Snippet】でバッチファイルに書き込み


▼記述例▼

// Your custom imports:
import java.io.*;
"--------------------------";
// Enter your code here:
try {
    if(ROWCOUNT != 0){
        File file = new File("C:\\Users\\user\\Desktop\\ken_all\\bat\\rename.bat");
        FileWriter filewriter = new FileWriter(file);
        filewriter.write(c_bat_command + "\n" + "exit");//makefile
        filewriter.close();
    }
} catch (IOException e){
    throw new Abort(e);
}

----解説----
1. 入出力を行うjava.ioパッケージをインポート -->2行目
2. 編集対象となるバッチファイルのフルパスを指定 -->7行目
3. 【Table Creator】で作成した値を、改行とexitコマンドを加えた文字列をrename.batに書き込み -->9行目

▼Node設定例▼


▼KNIME Hub▼
kni.me